image


16セルテートの詳細がアップされました。


しかし、予想通りザフィッシングで高橋慶郎(ミッチー)が使ってましたね(笑)

予想的中の記事→http://beji77.blog.jp/archives/2907394.html


16セルテートの主なスペック

【ドライブギア両軸にマグシールドボールベアリングが搭載】

2010年、CERTATEのメインシャフト部に初搭載 。驚愕の防水・防塵性能を発揮しリールの初期性能を維持。それまでのリールの常識を覆し、新時代を切り拓いた。
CERTATEは、2013年にラインローラーにもマグシールド搭載 。
2016年、ついにマグシールドのフル装備に至る。メインシャフト、ラインローラーに加え、マグシールドボールべアリングをドライブギアの両軸に搭載。


【新型エアローター】

防水・防塵テクノロジー"マグシールド"の登場で、ローターは防水機能の役目を解かれた。

回転レスポンスの向上と感度を高めるべく、滑らかな曲線を描くアーチ型に進化。

エアローターは、マグシールドというテクノロジーと一対となって誕生した。

そのエアローターがCERTATEに次なる挑戦を促した。

それはローター左右の重量バランス。

アームホルダー側に機能を集約させた従来設計ではローター重量に偏りができるため、

ベールホルダー側に肉付けし、左右のバランスをとる必要があった。

しかし、新型のエアローターは機能の一部をベールホルダー側に配置したことで無駄な肉付けは不要となった。

結果として、十分な剛性を保持するだけでなく、更なる回転性能の向上を図れることが判明。

結果、歴代最軽量のローターを発現させた。

【イグジストなどに採用されているATDドラグなどが標準搭載】
ATDは、糸切れ防止を役割とする発想から誕生したドラグシステムではない。
それは特殊グリスの作用により、魚の引きに追従しながら滑らかに効き続ける新発想ドラグシステム。
魚に余計な抵抗を与えないため、過度に暴れさせることがない。
むしろ適度な抵抗を与え続けるので、魚の体力を早期に奪い取り、
常に主導権を握ることができる。アングラーをファイトに集中させる。
ATDは新発想の攻めのドラグテクノロジーなのだ。


13セルテートと比較


定価は13セルテートよりも約5,000円の値上げ。

13セルテートには無いATDドラグも標準装備。

このATDドラグはダイワに出すとUTDドラグの13セルテートをATDドラグに仕様変更をする事も可能。
勿論、有償で(税抜2500〜3500円)

個人的に微妙な「マグシールド」がフル装備されている。

それと、新たに4000番台も追加され選択肢が増えたのではないか。

重量は番手によって軽くなっている物、重くなっている物がある。


[一例として]

13セルテート2500(235g)
16セルテート2500(240g)

13セルテート3012H(275g)
16セルテート3012H(270g)


殆どの番手が±5g前後で、そこまで変わった感は無いかと。

詳しいスペックはこちら→ http://www.daiwa.com/global/ja/fishingshow/2016ss/certate/lineup.html

まとめ

13セルテートより約5,000円の値上げしてるが、ATDドラグ標準装備にマグシールドフル装備。

個人的には13セルテートを買うなら16セルテートかなと(単に新し物好きな所があるかも)

今現在、13セルテートの在庫も少ない。特に3012Hは人気番手で何処にも無いですからねぇ。

ダイワ フィッシングショー スペシャルサイト
http://www.daiwa.com/global/ja/fishingshow/2016ss/certate/index.html



おっ!人気番手の予約販売してますよ!



LINE@始めました。
ブログには書けないタイムリーな釣果情報なども発信していきます。

image

LINE ID ⇨@xfp7365w(@も含めて検索してください)
※LINE@でのご質問なども受け付けております


[為になるブログが見れます]
・にほんブログ村   
・シーバスランキング

[比較して最安値でお買い物]
•楽天市場
•Amazon
•ナチュラム
•Yahoo!ショッピング

修行より釣り好きなベジータ TOPページ